ホーム

新着情報

2019.08.26大会スケジュール(8月26日版)を掲載しました。
2019.08.23プログラム(8月23日版)を掲載しました。
2019.08.22プログラム(8月22日版)を掲載しました。
2019.08.20大会スケジュール(8月19日版)を掲載しました。
2019.08.18大会スケジュール(8月16日版)を掲載しました。
2019.08.06プログラム(8月6日版)を掲載しました。
大会スケジュール(8月6日版)を掲載しました。
2019.07.25研究発表方法を掲載しました(参加・研究発表・参加費ページの最下部)
2019.07.16大会スケジュール(7月16日版)を掲載しました。
2019.07.11プログラム(7月10日版)を掲載しました。
2019.07.03大会スケジュール(7月2日版)を掲載しました。
2019.06.19参加・研究発表・参加費ページを更新しました(国際大会の参加・発表の通常料金を追記)。
2019.06.18大会スケジュール(6月17日版)を掲載しました。
企業展示および広告掲載ページに見積書を掲載しました。
懇親会ページを更新しました。
2019.06.14企業展示および広告掲載に関する案内を掲載しました。
参加費の支払い方法(非会員の方向け)に関する案内を追記しました。
2019.05.28大会スケジュール(5月28日版)を掲載しました。
公開シンポジウム情報を掲載しました。
2019.05.21一般講演の申し込み締切を5月31日(金)まで延長しました。
講演要旨のテンプレートはこちらからダウンロードいただけます。
2019.05.09参加・研究発表の申込受付を開始しました。申込方法は参加・研究発表ページからご確認いただけます。
2019.04.22大会スケジュールを掲載しました。
OSの申込締切を2019年4月26日(金)まで延長しました。
2019.04.16大会運営組織・事務局ページを更新しました。
2019.03.27オーガナイズドセッション(OS)の発表申し込みを開始しました。
2019.03.25「2019年度年次大会国際大会での発表に関して」を参加・研究発表に掲載しました。
「2019年度年次大会の参加費,締切日程についてのご案内」を参加・研究発表に掲載しました。
2019.03.06学会参加費を掲載しました。
2019.03.04オーガナイズドセッション申込期日を2019年3月15日(金)まで延長しました。

※講演要旨テンプレートはこちらからダウンロードいただけます。

システムの問題でニュースレターが稼働していない状況です。稼働できる状態になりましたら改めてお知らせいたします。

1.大会概要

この度,農業食料工学会および農業施設学会は,2019年9月3日(火)から6日(金)までの4日間にわたり,北海道大学学術交流会館および農学部において国際農業工学会第6部会および関連ワーキンググループとともに合同の国際学術集会を開催いたします。国際農業工学会第6部会は主にポストハーベスト工学,食品工学関係の部会で,農業生産から食品の健康機能,安全性まで幅広く討論可能な学術集会にできるよう鋭意準備を進めているところです。各学会会員の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

国際農業工学会第6部会合同国際大会の詳細は以下のURLからご覧いただけます。
http://conference.bpe.agr.hokudai.ac.jp

2.大会場所

北海道大学農学部(札幌市北区北9条西9丁目)および学術交流会館(札幌市北区北8条西5丁目)
農学部:農業食料工学会および農業施設学会の口頭発表,各種委員会
学術交流会館:International Joint Conference,市民公開シンポジウム(英語),ポスター発表(英語または日本語),CIGR各種委員会

3.日時

2019年9月3日(火)〜6日(金):各種委員会,公開シンポジウム,口頭発表,ポスター発表,企業展示など

4.日本在住の発表者の参加登録,参加費支払いについて

日本在住の発表者でCIGR VI Symposiumおよび国内2学会合同大会いずれでも研究発表を希望される場合は,CIGR VI Symposiumの参加費のみで両方とも発表できます。この場合,国内2学会合同大会の参加費は支払わないでください。ただし参加登録,およびAbstract・発表要旨の投稿はCIGR VI Symposiumページおよび国内2学会合同大会ページから別々に登録・投稿手続きしてください。

5.2019年度年次大会国際大会での発表に関して

CIGR Section VIはポストハーベスト工学系の技術分野であるため,本国際大会でも発表課題用の分類設定(Category)が狭い範囲に集中しています.しかし,農業食料工学会,農業施設学会の会員は学会に関係する課題であればポストハーベスト工学にとらわれることなく発表することができます.その場合のカテゴリーは,Others (including the category of JSAM and SASJ)を選択ください.特に,学生参加費は国際大会と国内大会でそれほど変わらない上,プロシーディング集の発行やEAEFなどでの特集号も組む予定です.博士課程の在学生にはお得な設定なので,ぜひとも国際大会での発表をご検討ください.

参加・研究発表のスケジュールはこちら